大粒スワロフスキーイヤリングの作り方

「大粒スワロフスキーイヤリングの作り方」 です。

一粒でも存在感のある、大粒のスワロフスキーを使ってイヤリングを作りました。

スワロフスキーを接着して、イヤリング金具とつなぐだけで作れます!

簡単に作れるので、色違い、形違いで作るのもオススメ icon-smile-o 

使ったもの

パーツ類

  • スワロフスキー(#1088 SS39 スカーレット) 2個
  • シンプル石座No.1(#1088 SS39用 1カン) 2個
  • 丸カン(0.6×3㎜) 2個
  • イヤリング金具 1セット

icon-star すべて貴和製作所で揃えました!

→【貴和製作所Online Shop】

工具など

  • 接着剤(セメダインスーパーXクリア)
  • つまようじ
  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ

作り方

1.石座にスワロフスキーを接着する

石座に接着剤を塗って、スワロフスキーを接着します。

私は先に接着してからアクセサリーにしますが、アクセサリーにしてから接着しても◎

2.丸カンでパーツをつなぐ

イヤリング金具とスワロフスキーのチャームを丸カンでつなぎます。

丸カンひとつでつなぐと、チャームがきちんと正面を向かないので、ふたつ使いました。

石座のカンが太めなので0.6×3㎜の丸カンだと、ゆとりがなくなってヤットコではさむスペースが少なくなります。

ヤットコがすべってスワロフスキーに傷つけてしまう可能性もあるので、気を付けて作業してくださいね。

もし、少し大きめの丸カン(0.7~0.8くらい)をお持ちなら、石座につなぐ丸カンはそちらを使うと扱いやすいです。

3.完成

完成です。

まとめ

今回使った石座、シンプル石座No.1は金属の部分が多いので、結構重め。

イヤリングのネジをゆるめにして耳につけると、重みで落ちてきて取れてしまいました。

ゆるめにしてつけるのが好きな人は石座を爪タイプに変えるか、別のイヤリング金具に変えて作るのがよさそうです。

ピアスとして作る場合も、重たいピアスが苦手な人は注意してくださいね。

ちなみにシンプル石座の中で一番軽いのは#4228のナベット型。

次に#1028/1088のラウンド型で、一番重いのは#4470のクッション型でした。

少しでも参考になれば幸いです!

おすすめ記事

石座の種類と留め方
こんにちは、めいです。 スワロフスキービーズより輝きが強く、とても華やかなストーンタイ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク