チェーンとスワロフスキーを使ったロングピアスの作り方

こんにちは、めいです。

「チェーンとスワロフスキーを使った、ロングピアスの作り方」 をご紹介します。

今回はつなぐ作業がメイン。

細かい作業が多いので、慣れないうちはちょっと時間がかかるかもしれません。

 icon-star できあがりサイズ 約7.2㎝(ピアス金具含む)

使ったもの

パーツ類

  • チェーン(K-101) 2.5㎝×2本
  • スワロフスキー(#6128 10㎜ クリスタル) 2個
  • ジョイントパーツ(チャーム 石留め スクエア 2カン) 2個
  • 丸カン(0.6×3㎜) 2個
  • 丸カン(0.8×4.5㎜) 2個
  • Cカン(0.5×2×3㎜) 8個
  • ピアス金具 1セット

 icon-star ジョイントパーツ、チェーンは貴和製作所で購入したもの。

→【貴和製作所 Online Shop】

工具など

  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ
  • ニッパー
  • メジャー

作り方

1.チェーンをカットする

2.5㎝のチェーンを2本用意します。

チェーンを切るときは、先端にワイヤーを通して測ると目盛りが見やすいです。

→【チェーンの切り方と長さを揃えるときのコツ】

2.ジョイントパーツをCカンでつなぐ

2つのジョイントパーツをCカンを使って、つなぎます。

→【丸カンの開け方と閉じ方】

Cカンは、2本のヤットコではさみ、手前(自分の方)と奥にずらす感じで開閉します。

画像は丸カンですが、開閉の仕方は同じ。

Cカンが小さいので、片側にジョイントパーツが2つある状態だと、うまく閉じられません。

Cカンの両端にジョイントパーツを配置してから閉じるとやりやすいです。

3.ジョイントパーツとチェーンをCカンでつなぐ

次はジョイントパーツとチェーンをCカンでつなぎます。

4.チェーンとピアス金具をCカンでつなぐ

チェーンとピアス金具をCカンでつなぎます。

5.スワロフスキーに丸カンをつける

スワロフスキーに大きい方の丸カン(0.8×4.5㎜)をつける。

丸カンは少し大きめに開いておいて、スワロフスキーの通し穴に通します。

強引に丸カンを動かすと通し穴の周りが削れてしまうので、ゆっくり少しずつ。

丸カン以外のパーツでつなぎたい場合や、詳しい取り付け方はこちらを読んでみてください。

→【トップホールのしずく型パーツ、どうつなぐ?つなぎ方まとめ】

大きい丸カンを通せたら、次に小さい丸カン(0.6×3㎜)をつけます。

6.スワロフスキーとジョイントパーツをCカンでつなぐ

スワロフスキーにつけた小さい方の丸カンとジョイントパーツを、Cカンでつなぎます。

私はジョイントパーツとスワロフスキーの間にゆとりがほしかったので、こんな感じでつなぎました。

お好みで、小さい丸カンとCカンを使わずに、大きい丸カンに直接つないでもOK。

7.完成!

できあがり。

お疲れさまでした。

まとめ

チェーンとジョイントパーツを使った、長めのぶら下がりピアスの作り方でした。

シンプルにチェーンとスワロフスキーだけで作ってもいいし、ジョイントパーツとスワロフスキーだけにして、少し短めに変えてもいいですね。

スワロフスキーの色や形、サイズを変えるなど、色々とアレンジして作ってみてください!

もちろん、レシピ通りに作っていただくのも大歓迎です。

少しでも参考になれば幸いです icon-smile-o 

おすすめ記事

チェーンの切り方と長さを揃えるときのコツ
こんにちは、めいです。 アクセサリー作りに欠かせないものと言うと色々ありますが、その中...
丸カンの開け方と閉じ方
こんにちは、めいです。 アクセサリー作りに欠かせない丸カン。 チェーン、チャーム...
丸カンとCカンの違いと使い分け方
この記事を見てくださっているあなたは 「丸カンとの違いはなに?」 「Cカンってど...
トップホールのしずく型パーツ、どうつなぐ?つなぎ方まとめ
パーツの上の方に通し穴があるトップホールパーツ。 しずく型のトップホールパーツが好きでよく使う...
ジョイントパーツとスワロフスキーの華奢なピアスの作り方
「 ジョイントパーツとスワロフスキーのピアスの作り方 」です。 細い繊細なワイヤーを使...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク