キューブビーズを使った大ぶりイヤリングの作り方

こんにちは、めいです。

今回は 「大ぶりイヤリングの作り方」 をご紹介します。

夏にぴったりな大ぶりアクセサリーをさわやかな色で作ってみました。

ピン類を丸める作業が中心なので、初心者さんには少し難しいかもしれませんが、比較的簡単に作れるアクセサリーだと思います。

使ったもの

パーツ類

  • キューブビーズ 2個
  • ルナフラッシュ(8㎜) 2個
  • チェコシードビューグルラウンドTS(20㎜ エメラルドシルバーライン) 2本
  • カラーパール(2.5㎜ 金) 2個
  • Tピン(0.6×30㎜) 2本
  • 9ピン(0.5×20㎜) 2本
  • 9ピン(0.5×30㎜) 2本
  • 丸カン(0.6×3㎜) 2個
  • イヤリング金具 1セット

 icon-star キューブのビーズはこちらのお店で買えるものと同じ。


アクリルビーズ スクラブ キューブ 12×17mm【20ヶ】

 icon-star ルナフラッシュはフロストタイプもありますが、今回使ったのはフロストではないつやのあるタイプ。

フロストタイプは冬向けアクセサリーによさそう。


天然石/ルナフラッシュ ラウンド クリスタル 粒売り アクセサリーパーツ

 icon-star 他のパーツは貴和製作所で購入しました。

→【貴和製作所】

工具類

  • 丸ヤットコ
  • 平ヤットコ
  • ニッパー

作り方

1.Tピンにカラーパールとキューブビーズを通して、丸める

キューブビーズを先にTピンに通すと、通し穴が大きくて抜けてしまいます。

先にカラーパールを通して、抜けないようにしておきましょう!

私は2.5㎜のカラーパールを使いましたが、2.5㎜だと小さかったようで、少し埋もれてしまっています。

ちょっと不格好なので、3㎜くらいのビーズを使うといいかもしれません。

→【ビーズの通し穴が大きくてTピンが抜けてしまうときの対処法】

カラーパール、キューブビーズを通したら、Tピンを丸めます。

下はカラーパールを通していますが、上には通していないので、大きめに輪を作りました。

→【Tピン、9ピンの丸め方。キレイに丸めるための3つのコツ】

2.ルナフラッシュを9ピンに通して、丸める

次は0.5×20㎜の9ピンに、ルナフラッシュを通して丸めます。

3.チェコビューグルを9ピンに通して、丸める

チェコビューグルは0.5×30㎜の9ピンに通して、丸めます。

4.それぞれのビーズをつなぐ

キューブビーズ、ルナフラッシュ、チェコビューグルの順番でビーズをつなぎます。

ピンの輪っか同士をつないでいますが、ビーズとビーズの間にゆとりがほしい場合は、Cカンや丸カンを使ってつなぐと◎

ピンの輪を開閉するときは、ヤットコでグッと押し込むようにします。

5.飾りとイヤリング金具をつなぐ

イヤリング金具と飾りの部分を、丸カンでつなぎます。

丸カンを開閉するときは、手前(自分の方)と奥へずらすような感じで力を加えます。

→【丸カンの開け方と閉じ方】

6.完成!

できあがり!

お疲れさまでした。

まとめ

今回はビーズひとつひとつをつないで作りましたが、長いTピンにまとめてビーズを通すと、また違った雰囲気になります。

チェコビューグルだけカラーにしましたが、同系色でまとめたり、全部違う色にしてカラフルにしてみてもいいですね。

色々とアレンジして、自分好みのアクセサリーを作ってみてください。

レシピ通りに作っていただくのも大歓迎です icon-smile-o 

少しでも参考になれば幸いです!

おすすめ記事

ビーズの通し穴が大きくてTピンが抜けてしまうときの対処法
「アクセサリーを作っていたら、ビーズの通し穴が大きくてTピンが抜けちゃった…」 「どう...
Tピン、9ピンの丸め方。キレイに丸めるための3つのコツ
こんにちは、めいです。 Tピン、9ピンを丸めるのって難しいですよね…。 私も初心...
丸カンの開け方と閉じ方
こんにちは、めいです。 アクセサリー作りに欠かせない丸カン。 チェーン、チャーム...
クリアカラーの2WAY大ぶりピアスの作り方
こんにちは、めいです。 今回は 「クリアカラーの大ぶり2WAYピアスの作り方」 をご紹...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク