合皮のタッセルと丸カンのイヤリングの作り方

こんにちは、めいです。

今回は 「合皮のタッセルと丸カンのイヤリングの作り方」 をご紹介します。

ヒモ留め(レース留め/リボン留め)を使えば、お気に入りのリボンや布もアクセサリーとして楽しめます。

丸カンをつないでヒモ留めを平ヤットコで押さえるだけなので、難易度は低め。

使ったもの

パーツ類

  • 合皮はぎれ 3×3㎝ 2枚
  • 丸カン(0.8×4.5㎜) 2個
  • Cカン(0.8×3.5×5㎜) 2個
  • 丸カンセット・大(6㎜) 6個
  • 丸カンセット・大(8㎜) 4個
  • デザイン丸カン ツイスト No.2(8㎜) 2個
  • デザイン丸カン ツイスト No.9(10㎜) 4個
  • ヒモ留め No.2(10㎜) 2個
  • イヤリング金具 1セット

icon-star 合皮のはぎれは100均(キャン・ドゥ)で買ったもの。

 icon-star 丸カンセット・大はダイソーで買いました。

工具など

  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ

作り方

合皮はぎれを折る

黒いので見えにくいですが、M字になるような感じで折りました。

この作り方だと裏側の白いのが見えます。

気になる場合は細長くテープ状に切って輪っかを作ってからM字に折ると◎

合皮はぎれにヒモ留めをかぶせて平ヤットコで押さえる

折りたたんだ部分にヒモ留めをかぶせて、平ヤットコで押さえます。

デザイン丸カン(10㎜)と丸カン(6㎜)をつなぐ

デザイン丸カン(10㎜)2個に、丸カン(6㎜)を3個つなぎます。

丸カン(6㎜)にデザイン丸カンと丸カン(8㎜)をつなぐ

丸カン(6㎜)3個のところに、8㎜のデザイン丸カンと丸カンを1個ずつつなぎます。

イヤリングパーツと丸カン(8㎜)の部分をつなぐ

丸カン(0.8×4.5㎜)を使ってイヤリングパーツを丸カン(8㎜)をつなぎます。

合皮パーツと丸カン(10㎜)の部分をつなぐ

Cカンで合皮パーツと丸カン(10㎜)をつなぎます。

完成!

できあがり。

お疲れさまでした。

まとめ

今回は合皮のはぎれで作ったタッセルを使ったイヤリングをご紹介しました。

はぎれは切り方や折り方を変えるだけでも雰囲気が変わります。

お好みのリボンやレースなどに合わせて、色々とアレンジしてみてくださいね。

おすすめ記事

100均アクリルリングとタッセルのイヤリングの作り方
こんにちは、めいです。 100均(ダイソー)で買ったアクリルリングを使ったレシピ第5弾...
工具も金具も使わない、コードブレスレットの作り方
こんにちは、めいです。 今回は 「工具も金具も使わないコードブレスの作り方」 をご紹介...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク