ジョイントパーツとスワロフスキーの華奢なピアスの作り方

ジョイントパーツとスワロフスキーのピアスの作り方 」です。

細い繊細なワイヤーを使用しているので、シンプルで大人っぽいデザインにピッタリ。

Tピンや9ピンはやわらかくて曲がりやすいですが、ジョイントワイヤーは硬くて丈夫。

「使用しているうちに曲がってしまうかも…」という心配もありません!

使ったもの

パーツ類

  • ジョイントワイヤー(0.4×20㎜) 2本
  • ジョイントワイヤー(0.4×30㎜) 2本
  • シルキーパール(3㎜ ナチュラル) 2個
  • スワロフスキー (#6128 10㎜ クリスタルAB) 2個
  • 丸カン(0.6×3㎜) 4個
  • 丸カン(0.8×4.5㎜) 2個
  • フックピアス 1セット

 icon-star 全て貴和製作所で揃えました!

→【貴和製作所 Online Shop】

工具など

  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ
  • ニッパー

作り方

1.ビーズのバリを取る

あらかじめビーズのバリを取っておいた方が見た目がキレイになります。

バリがあまり目立たない場合や、気にしないよーという人はこの工程は飛ばしてもOK。

→【超簡単!ビーズについたバリの取り方 icon-external-link 】

2.Tピンを丸める

パールにTピンを通して、Tピンを丸めます。

→【Tピン、9ピンの丸め方。キレイに丸めるための3つのコツ icon-external-link 】

3.スワロフスキーに丸カンをつける

しずく型のスワロフスキーに丸カンをつけます。

丸カンは少し大きめに開いて、スワロフスキーの通し穴に通す。

通し穴の周りが傷つかないように、ゆっくりと動かしましょう。

丸カンは、2本のヤットコではさんで、手前(自分の方)と奥にずらすようにして開閉します。

私は0.8×4.5㎜の丸カンを使いましたが、ちょっと丸カンが目立つかな。

他のパーツでつなぎたい場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。

→【トップホールのしずく型パーツ、どうつなぐ?つなぎ方まとめ icon-external-link 】

4.ジョイントパーツとパーツをつなぐ

スワロフスキーと40㎜のジョイントパーツ、パールと20㎜のジョイントパーツをつなぎます。

今回は直接、丸カンとTピンにつなぎました。

ジョイントワイヤーの輪を開閉するとメッキの剥がれの原因にもなるので、つなぐときは丸カンとTピンを開閉しましょう!

5.パーツとピアス金具をつなぐ

まず丸カンで2本のジョイントパーツをまとめます。

このままフックピアスにつなぐとパーツが横向きになってしまうので、さらにもうひとつ丸カンを使ってパーツとピアス金具をつないでください。

 icon-exclamation-triangle スワロフスキーのクリスタルABカラーは裏表があるので、つなぐときは気を付けて!

片方は透明感があるけど、片方は透け感がなくメタリックです。

6.完成

できあがり!

おつかれさまでした。

まとめ

今回はジョイントワイヤー2本で作りましたが、25㎜のワイヤーも使って、もっと華やかにしてもいいですね。

ワイヤーとチェーンを合わせて、違う揺れ方にしてもいいかもしれません。

大きさの違うパールをつないだり、チャームをつないだり、色々なパーツをぶら下げてみてください!

少しでも参考になれば幸いです icon-smile-o 

おすすめ記事

超簡単!ビーズについたバリの取り方
こんにちは、めいです。 今日はパール系のビーズに残りがちな 「バリの取り方」 について。 ...
Tピン、9ピンの丸め方。キレイに丸めるための3つのコツ
こんにちは、めいです。 Tピン、9ピンを丸めるのって難しいですよね…。 私も初心...
丸カンの開け方と閉じ方
こんにちは、めいです。 アクセサリー作りに欠かせない丸カン。 チェーン、チャーム...
チェーンとスワロフスキーを使ったロングピアスの作り方
こんにちは、めいです。 「チェーンとスワロフスキーを使った、ロングピアスの作り方」 ...
トップホールのしずく型パーツ、どうつなぐ?つなぎ方まとめ
パーツの上の方に通し穴があるトップホールパーツ。 しずく型のトップホールパーツが好きでよく使う...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク