簡単!サテンコードのブレスレットの作り方

こんにちは、めいです。

今回は 「サテンコードのブレスレットの作り方」 をご紹介します。

カシメを留めるのが少し難しいかもしれませんが、つなぐ作業がメイン。

初心者さんも挑戦しやすいと思います。

icon-star できあがりサイズ 約16㎝(金具含む)+アジャスター約5.5㎝

使ったもの

パーツ類

  • サテンコード(2㎜ ネイビー) 14㎝
  • 星のジルコニアチャーム 1個
  • カシメ(1.2㎜) 2個
  • 丸カン(0.6×3㎜) 2個
  • Cカン(0.8×3.5×5㎜) 1個
  • ヒキワ(6㎜) 1個
  • アジャスター 1個

 icon-star サテンコードは100均(キャン・ドゥ)で買ったラッピング用のもの。

 icon-exclamation-triangle アクセサリーとして使用する場合は水濡れによる色落ちや服への色移りの可能性があります。

ご使用になる場合は自己責任でお願いいたします。

 icon-star 星のジルコニアチャームはパーツクラブの店舗で買いました。

ネットでは取り扱っていない模様…。

→【パーツクラブ】

 icon-star その他のパーツは全て貴和製作所で購入したものです。

→【貴和製作所】

工具など

 

  • 丸ヤットコ
  • 平ヤットコ
  • ハサミ
  • メジャー

作り方

1.サテンコードの端にカシメをつける

まずはサテンコードの端にカシメをつけます。

カシメのくぼみにサテンコードを入れて、平ヤットコで片方ずつカシメを倒します。

カシメが小さくて倒しにくいので、ワンサイズ大きいカシメ(1.5㎜)を使ってもいいかも。

2.カシメにヒキワ・アジャスターをつける

丸カンを使って、カシメにヒキワ・アジャスターをそれぞれつなぎます。

丸カンの開閉は、手前と奥にずらすように力を加える。

3.サテンコードにチャームをつなぐ

チャームにCカンをつけて、サテンコードにつなぎます。

私はCカンを使いましたが、ここは丸カンを使っても◎

→【丸カンとCカンの違いと使い分け方】

4.完成!

できあがり。

お疲れさまでした!

まとめ

このレシピではチャームを固定せずに作っているので、着用するとチャームが動いて手のひら側・手の甲側へ行ったり来たりします。

このレシピで使っているCカンはちょっと大きめなので、小さめのCカンや丸カンに変えるだけでも動きにくくなると思いますが、固定したい場合は…

  • サテンコードと同じ長さのチェーンをつないで2連にして、チェーンにチャームをつける
  • つぶし玉を使う

このどちらかの方法を使って、チャームが動かないようにすると◎

ちょっと長めにサテンコードを切っておいて、チャームの両端を結んでもいいですね。

少しでも参考になれば幸いです icon-smile-o 

おすすめ記事

サテンリボンとパールの三つ編みブレスレットの作り方
こんにちは、めいです。 今回は 「サテンリボンとパールの三つ編みブレスレットの作り方」...
丸カンとCカンの違いと使い分け方
この記事を見てくださっているあなたは 「丸カンとの違いはなに?」 「Cカンってど...
引き輪とカニカンの違いは?留め金具いろいろ
こんにちは、めいです。 ハンドメイドアクセサリーのいいところは、なんでも自分好みに作れ...
星チャームのじゃらじゃらチェーンブレスレットの作り方
こんにちは、めいです。 今回は 「星のチャームのじゃらじゃらチェーンブレスレットの作り...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク