シードビーズのお花マスクストラップの作り方

こんにちは、めいです。

今回は 「シードビーズのお花マスクストラップの作り方」 を紹介します。

同じ作業の繰り返しなのであまり難しくはないと思いますが、テグスが長くて扱いにくいです。

 icon-star できあがりサイズ 約61㎝(金具含む)

使った物

  • テグス(2号) 90㎝×2本
  • 丸小ビーズ(TOHO No.1 透明) 340粒
  • 丸小ビーズ(TOHO NO.41 ホワイト) 96粒
  • スリーカットビーズ(TOHO ? ブラウン) 16粒
  • つぶし玉(2㎜) 2個
  • ボールチップ(3㎜) 2個
  • 丸カン(3㎜) 2個
  • カニカン(No.1) 2個

 icon-star 使用したカニカンは10×5㎜で小さめ。

マスクのひもが細いものだったら大丈夫だけど、太めのものを使用している場合このサイズでは小さいので要注意。

フレンチフックピアスもオススメです。


【ピアス・イヤリング】1ペア フレンチフックピアス《きれいめゴールド》[ピアス アクセサリー金具 手芸 パーツ 手芸材料 ハンドメイド 基礎パーツ pair]

 icon-star スリーカットビーズの品番は多分CR423だと思いますが、品番を控えていないので、違うかも…。

レシピではスリーカットビーズを使用しましたが、丸小ビーズでOK。

 icon-star 丸小ビーズの大きさは大体2㎜くらい。

ブリスターパック(写真に写ってるみたいなの)は7gで約670粒入り。

ケース入りのビーズだと2gで約420粒入り。

100円ショップでもシードビーズは購入できます。

 icon-star 丸カン、ボールチップ、つぶし玉は全て100均(ダイソー)で購入したもの。

工具など

  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ
  • ハサミ
  • 油性ペン
  • メジャー
  • ドライヤー

 icon-star 油性ペンはテグスの印つけに使用。1色あればOKです。

 icon-star ドライヤーはテグスの巻き癖を取るために使用。

作り方

テグスを90㎝にカットする

90㎝にカットしたテグスを2本用意する。

できあがったときのビーズの部分が約61㎝なので、プラス30㎝でカットしています。

ドライヤーの熱風を当てて、テグスのくせを取る

テグスについた巻き癖を取った方が仕上がりがキレイなので、ドライヤーの熱風を当てて癖を取る。

テグスをピンと伸ばしながらドライヤーの熱風を当てるだけ。

やけどに注意しながら行ってください。

見えにくいけど、こんな感じでちょっとはマシになる。

マジックでテグスの先端に色をつける

お花のモチーフを編んでいくときに、お花の向きがバラバラにならないようにするため、マジックで2本のテグスの先端に色をつけておく。

左右に黒と赤を塗っていますが、とりあえず左右がわかればいいので、1本だけ黒を塗るのでOK。

つぶし玉とボールチップでテグスの端を処理する

※写真はナイロンコートワイヤーですが、テグス2本まとめて写真のようにつぶし玉を通す

テグス2本をまとめて、つぶし玉に通す。

つぶし玉をつぶして、ボールチップを通して閉じる。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

→【テグス、ナイロンコートワイヤーに!ボールチップとつぶし玉を使った端の処理】

テグス2本にまとめてクリアビーズを通す

左側のテグスを黒にする、など決めてから透明ビーズを20個通します。

レシピでは左側を黒、右側を赤にしました。

テグス2本にまとめてクリアビーズを20個通す。

20個通し終えたら、テグスがねじれていないか確認する。

テグスに白ビーズを通す

テグスの左側(黒い方)に白いビーズを6個通す。

6個目の白ビーズにテグスの右側(赤い方)を通して交差して、軽く引き締める。

茶ビーズをテグスの左に通して交差する

茶ビーズを左側のテグス(赤い方)に通し、右側のテグス(黒い方)も通して交差して、軽く引き締める。

白ビーズでできた輪っかの中に茶ビーズを指で動かして入れる。

白ビーズの中でビーズを交差する

茶色のビーズがくっついてる白ビーズから数えて、3個目の白ビーズにテグスの左右を通して交差する。

繰り返し編む

お花のモチーフを裏返したとき、左側のテグスが赤、右側が黒になっているか確認する。

このあとはまた透明ビーズ20個をテグス2本にまとめて通し、お花を作る作業を繰り返す。

お花モチーフは16個作り、16個目のお花を作ったあとに透明ビーズを20個通す。

お花のモチーフを作るたびに、左側から出ているテグスが黒、赤、黒、赤…と交互になるように編んでいく。

テグスの端を処理する

最後にボールチップ、つぶし玉の順に2本のテグスに通す。

つぶし玉をボールチップの中に収まるように動かすときは、輪っかの中につまようじなど細いものを入れたまま、ボールチップの方へ動かす。

つぶし玉をつぶし、ボールチップを閉じたら端の処理は完了。

丸カンを使って、ボールチップとカニカンをつなぐ

ボールチップとカニカンを丸カンでつなぐ。

丸カンの開閉は、ヤットコで両側をはさみ、手前と奥にずらすように力を加える。

完成!

できあがり。

お疲れさまでした。

まとめ

今回はぐるりと一周お花のモチーフを配置しましたが、カニカン寄りの場所に各3~5個くらいお花を配置して、あとはシードビーズを通すだけにすればもっと作りやすくなると思います。

自分好みにアレンジして作ってみてください。

少しでも参考になれば幸いです icon-smile-o 

おすすめ記事

テグス、ナイロンコートワイヤーに!ボールチップとつぶし玉を使った端の処理
こんにちは、めいです。 ビーズが連なったアクセサリーを作るときに欠かせないのが、テグス...
シードビーズとパールのマスクストラップの作り方
こんにちは、めいです。 今回は 「シードビーズとパールのマスクストラップの作り方」 を...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク