一粒スワロフスキーとチェーンのブレスレットの作り方

こんにちは、めいです。

約5㎜のスワロフスキーを使って、シンプルなチェーンブレスレットを作りました。

工程はスワロフスキーを石座にセットして、チェーンを通すだけ。

比較的簡単に作れるアクセサリーかと思います。

今回は 「スワロフスキーの一粒チェーンブレスレットの作り方」 をご紹介します。

 icon-star できあがりサイズ 約14㎝+アジャスター5㎝

使ったもの

パーツ類

  • スワロフスキー(#1088 SS24 クリスタル) 1個
  • 石座(#1088 SS24用) 1個
  • チェーン(K-101) 約13㎝
  • Cカン(0.5×2×3㎜) 2個
  • ヒキワ 1個
  • アジャスター 1個
  • ワイヤー 約5㎝

icon-star ワイヤー以外はすべて貴和製作所で揃えました。

→【貴和製作所オンラインショップ】

SS24サイズのスワロフスキー、石座はオンラインショップでは取り扱いがないようです。

5/31追記 オンラインショップでも買えるようになりました。

ワイヤーはアクセサリーに使うわけではないので、細ければアーティスティックワイヤーでもなんでもいいです。

ワイヤーがなければテグスでもOK。

工具など

  • 丸ヤットコ
  • 平ヤットコ
  • ニッパー
  • メジャー
  • ハンドドリル

ハンドドリルはなくても大丈夫だと思いますが、念のため…。

100均(キャンドゥ)で買ったもの。

作り方

1.チェーンをカットする

チェーンを13㎝の位置でカットします。

私はヒキワとCカンを含めて、14㎝くらいになるようにしたかったので、13㎝でカットしました。

アジャスターを使わない場合はもう少し長めにカットしてください。

2.石座にスワロフスキーをセットする

まずは、スワロフスキーを石座にセットしましょう。

スワロフスキーが水平になるように、石座に置いたら、平ヤットコで爪を倒します。

→【 石座の種類と留め方

3.チェーンの先にワイヤーを通し、石座に通す

次は約13㎝にカットしたチェーンの先に、5㎝くらいのワイヤーを通します。

ワイヤーは半分に曲げておき、石座の通し穴にワイヤーを通す。

4.石座をチェーンの中央まで移動させる

少しずつワイヤーを引っ張って、石座をチェーンの真ん中まで移動させます。

もし、チェーンが通らなければ、ハンドドリルで通し穴を削って大きくしてください。

チェーンの真ん中まで石座を移動させられたら、ワイヤーを外します。

5.Cカンでヒキワ、アジャスターとチェーンをつなぐ

Cカンを使って、ヒキワ、アジャスターをチェーンとつなぎます。

Cカンの開閉は、丸カンと同じように、手前(自分の方)と奥に、ずらす感じで。

6.完成!

できあがり。

お疲れさまでした!

まとめ

今回は、SS24サイズのスワロフスキーを使ったブレスレットの作り方をご紹介しました。

私はブレスレットとして作りましたが、ネックレスにしてもいいかも。

石座の通し穴の部分に小さめのビーズをぶらさげてもいいし、一緒にコットンパールを通してもいいですね。

色々とアレンジして、自分好みのアクセサリーを作ってみてくださいね。

少しでも参考になれば幸いです icon-smile-o 

おすすめ記事

石座の種類と留め方
こんにちは、めいです。 スワロフスキービーズより輝きが強く、とても華やかなストーンタイ...
チェーンの切り方と長さを揃えるときのコツ
こんにちは、めいです。 アクセサリー作りに欠かせないものと言うと色々ありますが、その中...
丸カンとCカンの違いと使い分け方
この記事を見てくださっているあなたは 「丸カンとの違いはなに?」 「Cカンってど...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク