しずく型スワロフスキーのシンプル一粒ネックレスの作り方

こんにちは、めいです。

今回は 「しずく型スワロフスキーの一粒ネックレスの作り方」 をご紹介します。

重ね付けにもピッタリなシンプルなネックレスです。

石座にスワロフスキーを接着し、チェーンを切って丸カンで留め金具をつないだら出来上がりなので、初心者さんにもオススメ。

使ったもの

パーツ類

  • スワロフスキー(#4320 クリスタル) 1個
  • バチカン付石座(#4320) 1個
  • チェーン(235SF) 39㎝
  • 丸カン(0.6×3㎜) 2個
  • ヒキワ 1個
  • アジャスター 1個

 icon-star 貴和製作所の板ダルマ極小と表記されているチェーンネックレスを使えば、工具なしで作れます!

 icon-star 材料は全て貴和製作所で購入しました。

→【貴和製作所】

工具など

  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ
  • ニッパー
  • 接着剤(セメダインスーパーXクリア)
  • つまようじ

作り方

1.石座に接着剤を塗り、スワロフスキーを貼り付ける

つまようじに接着剤を取り、石座に塗ります。

たっぷり塗りすぎるとはみ出してしまうので、気持ち少なめに。

5~10分ほど置いて接着剤に粘り気が出てきたら、スワロフスキーを貼ります。

2.チェーンをカットする

チェーンを39㎝のところでカットします。

→【チェーンの切り方と長さを揃えるときのコツ】

3.チェーンの先にヒキワをつなぐ

丸カンを使って、チェーンとヒキワをつなぎます。

丸カンの開閉はヤットコを使い、手前と奥にずらすように力を加える。

4.石座をチェーンに通す

片方だけ留め金具とつないだら、石座をチェーンに通します。

着脱時にヒキワがどちら側にあると使いやすいかなど考えて、石座を通しましょう!

5.チェーンの先にアジャスターをつなぐ

石座を通せたら、丸カンを使ってアジャスターをチェーンにつなぎます。

6.完成!

できあがり。

お疲れさまでした!

まとめ

しずく型スワロフスキーの一粒ネックレスの作り方でした。

私はしずく型の石座を選びましたが、他にもオーバル、ラウンド、レクタングル、スクエアもあります。

スワロフスキーの色を変えたり、チェーンの長さを変えたり、手持ちのネックレスと重ね付けして、色々アレンジして楽しめそうです♪

おすすめ記事

引き輪とカニカンの違いは?留め金具いろいろ
こんにちは、めいです。 ハンドメイドアクセサリーのいいところは、なんでも自分好みに作れ...
ブルーのスワロフスキーとパールを使ったチェーンネックレスの作り方
こんにちは、めいです。 「ブルーのスワロフスキーと小さなパールのチェーンネックレスの...
ジョイントパーツとスワロフスキーの華奢なピアスの作り方
「 ジョイントパーツとスワロフスキーのピアスの作り方 」です。 細い繊細なワイヤーを使...
スワロフスキーとパールが揺れるチェーンブレスレットの作り方
こんにちは、めいです。 「小さなスワロフスキービーズとパールが揺れる、チェーンブレスレットの...
スポンサーリンク