ジョイントパーツを使った、シンプルなネックレスの作り方

こんにちは、めいです。

今回は 「ラインストーンつきジョイントパーツを使った、ネックレスの作り方」 をご紹介します。

作り方はとても簡単で、チェーンをカットして、パーツをCカンでつなぐだけ。

短時間で作れるので、初心者さんにもオススメ。

お揃いのパーツを使ったピアスの作り方も掲載しています icon-smile-o 

→【ジョイントパーツとコットンパールのピアスの作り方】

使ったもの

パーツ類

  • ジョイントパーツ(ウェーヴ) 1個
  • チェーン(K-101) 18㎝×2本
  • Cカン(0.5×2×3㎜) 4個
  • ヒキワ 1個
  • アジャスター 1個

 icon-star ジョイントパーツはパーツクラブで購入したもの。

→【パーツクラブ】

 icon-star その他のパーツは貴和製作所で購入したものを使っています。

→【貴和製作所】

工具など

  • 丸ヤットコ
  • 平ヤットコ
  • ニッパー
  • メジャー

作り方

1.チェーンをカットする

まずはチェーンをカットして、18㎝のチェーンを2本用意します。

長さを測りながらチェーンを切るとき、メジャーとチェーンを押さえながらカットすると、手が滑って長さが揃わないことがあります。

そんなときは、 チェーンの端にワイヤーや糸などを通すと測りやすくなる ので、試してみてください!

詳しくはこちらの記事で解説しています。

→【チェーンの切り方と長さを揃えるときのコツ】

2.チェーンとジョイントパーツをつなぐ

ジョイントパーツの左右のカンに、さっきカットしたチェーンをCカンでつなぎます。

Cカンの開閉は、両端をヤットコではさみ、手前(自分側)と奥へずらすように力を加えます。

画像は丸カンですが、開閉のしかたは同じ。

Cカンがなければ丸カンを使用してもOKですが、チェーンが細く、外れてしまう可能性があるため、今回はCカンを使用しました。

丸カンとCカンの使い分けについては、こちらから。

→【丸カンとCカンの違いと使い分け方】

3.チェーンと留め金具をつなぐ

ジョイントパーツの両端に、チェーンをつないだら、最後に留め金具をつなぎます。

4.完成!

まとめ

ジョイントパーツを使った、簡単なネックレスの作り方でした。

今回は横向きにつないでみましたが、縦向きにして、Y字ネックレスにしてもいいかも。

ブレスレットやピアスなどもお揃いで作るのもいいですね。

色々とアレンジして、自分好みのアクセサリーを作ってみてください!

少しでも参考になれば幸いです icon-smile-o 

おすすめ記事

チェーンの切り方と長さを揃えるときのコツ
こんにちは、めいです。 アクセサリー作りに欠かせないものと言うと色々ありますが、その中...
丸カンとCカンの違いと使い分け方
この記事を見てくださっているあなたは 「丸カンとの違いはなに?」 「Cカンってど...
引き輪とカニカンの違いは?留め金具いろいろ
こんにちは、めいです。 ハンドメイドアクセサリーのいいところは、なんでも自分好みに作れ...
お花のジョイントパーツとチェーンのブレスレットの作り方
「お花のジョイントパーツを使ったチェーンブレスレットの作り方」 です。 チェーンをカ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク