華やかなのに簡単!連爪(ダイヤレーン)のブレスレットの作り方

こんにちは、めいです。

「連爪(ダイヤレーン)のブレスレットの作り方」 をご紹介します。

華やかなのに、作業は切ってつなぐだけ!

連爪のブレスレットは服などに引っかかりやすいので、ご使用の際は注意してください。

使ったもの

パーツ類

  • 連爪:ダイヤレーン(#110 約3㎜) 13㎝
  • チェーンエンド(#110 1連) 2個
  • Cカン(0.5×2×3㎜) 2個
  • 丸カン(0.6×3㎜) 2個
  • ヒキワ 1個
  • アジャスター 1個

icon-star 連爪はBeads Loungeで購入したものですが、アウトレットセールで買ったので、現在は販売されていません。

→【Beads Lounge】

楽天などで連爪、ダイヤレーンで検索すると色々出てくるので見てみてください!

 icon-star 使用している連爪はガラスストーンですが、スワロフスキーの連爪もアリ。

お値段は高めだけど、カラバリが豊富!

 icon-star 連爪以外のパーツは貴和製作所で購入したものです。

→【貴和製作所】

工具など

  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ
  • ニッパー

作り方

1.連爪を13㎝のところでカットする

まずは連爪のカットから。

連爪はストーンとストーンの間の平らな金属をカットします。

幅が狭くて切りにくいですが、連爪を指に沿わせるとちょっと切りやすくなると思います。

2.連爪の両端にチェーンエンドをつける

チェーンエンドのくぼみに連爪の端をはめて、平ヤットコでチェーンエンドの爪を倒します。

3.チェーンエンドのカンにCカンをつける

チェーンエンドのカンに、Cカンをつなぎます。

Cカンの開閉はヤットコを使い、手前と奥にずらすようにして力を加える。

画像は丸カンですが、Cカンでもやり方は同じです!

4.丸カンを使ってヒキワ・アジャスターをつける

さっきつないだCカンに、丸カンをつけてヒキワ・アジャスターをつなぎます。

私は丸カンを使用しましたが、Cカンでつないでも◎

5.完成!

できあがり。

お疲れさまでした。

まとめ

連爪(ダイヤレーン)のブレスレットの作り方でした。

レシピではシンプルに連爪1連のブレスレットにしましたが、チェーンやビーズと合わせて2連にしてもいいですね。

色々アレンジして、自分好みのアクセサリーを作ってみてくださいね icon-smile-o 

少しでも参考になれば幸いです!

おすすめ記事

丸カンとCカンの違いと使い分け方
この記事を見てくださっているあなたは 「丸カンとの違いはなに?」 「Cカンってど...
スワロフスキーのビジューブレスレットの作り方
こんにちは、めいです。 「スワロフスキーのビジューブレスレットの作り方」 をご紹介し...
天然石のさざれとチェーンのブレスレットの作り方
こんにちは、めいです。 今回は 「天然石のさざれとチェーンを使ったブレスレットの作り方...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク