丸カンとCカンの違いと使い分け方

この記事を見てくださっているあなたは

「丸カンとの違いはなに?」

「Cカンってどういう場面で使うんだろう?」

「Cカンも買った方がいいのかな?」

などなど疑問に思っているのではないでしょうか?

私もCカンを使うタイミングがわからなかったので、最初は丸カンだけ買ったタイプです。

今回は 「私の丸カン・Cカンの使い分け方」 について書いてみたいと思います。

丸カンとCカンの違い

どちらもチェーン、チャーム、金具など、パーツとパーツをつなぐために使います。

Cカンは楕円形で少し細長く、切り目が横にあるのが特徴。

丸カンよりもCカンの方が線径(線の太さ)が細いものがあります。

Cカンの使い方

それでは「どんなときにCカンを使えばいいの?」という疑問にお答えすべく、私のCカンの使い方について書いてみます icon-pencil 

バランスで選ぶ

丸カンを使ってピアスやブレスレットを作ったとき「なんだかバランスが悪いな」と感じることがあります。

そんなとき、Cカンを使うとスッキリとした印象に。
上の画像は留め金具は丸カンでつないでいますが、他の部分はCカンを使用。
こちらは全て丸カンを使った場合。

丸カンの輪が目立ってしまっている気がしませんか?

このブレスレットを作ったとき、はじめは丸カンを使っていたけど「なんだか丸カンが目立つな」と感じたので、Cカンを買ってきて取り替えました。

つなぐパーツに合わせて変える

細いチェーンやカンが細いパーツ、タッセルパーツにはCカンを選ぶこともあります。

カンをしっかり閉じていても細いチェーンや糸を使っていると「切れ目から抜けてしまわないかな?」と心配で…。

丸カンはくるくる回って切れ目がどこに行くかわからないけど、Cカンだと形状的にあまり動きがありません。

切れ目の位置的にもチェーンや糸が切れ目の上にくることが少ないので、「丸カンよりは抜けにくいはず!」と思って、Cカンを使います。

プレゼントや販売するものだと、できる限りのトラブルは防ぎたいですしね。

バランスが悪く感じたときや、自分が使うものだと丸カンを使うことが多いですが、こんな風に使い分けることもあります。

丸カンが通らないとき

線径が一番細い丸カンがチェーンに通らなかったとき、Cカンを使います。

たとえば、3㎜の丸カンだと線径は0.6㎜。

同じくらいのサイズにあたる2×3㎜のCカンなら、線径は0.5㎜。

丸カンが通らなかったチェーンもCカンなら通せるかもしれません!

※チェーンが通らないときは目打ちを使って、チェーンのコマを広げるという方法もあります。

まとめ

実際にパーツを合わせてみないとバランスの良し悪しがわからないので、必ずしも紹介したタイミングで使うとは限りませんが、私の使い分け方はこんな感じ。

アクセサリー作りをするなら、丸カンかCカンのどちらかは持っていてほしいですが、とりあえずどちらかがあれば◎

Cカンもあると便利だけど、絶対に必要というほどでもないと思うので、「Cカンを使いたい!」と思ったときに買い足す感じでいいと思います。

私なりの使い方ではありますが、参考になれば嬉しいです icon-smile-o 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク