簡単にピアスをイヤリングに変えられる!イヤリングコンバーターの使い方

「プレゼントにピアスをもらったんだけど、ピアスホールは開いてないし…」

「かわいいピアスを見つけたけど、イヤリングはないのかぁ…」

「ピアスからイヤリングに自分で変えるのは面倒だな…」

そんな人にオススメしたい、イヤリングコンバーター。

簡単にピアスをイヤリングとして使うことができます!

どんなピアスが使える?

イヤリングコンバーターが使えるのは、ピアスホールに通す軸の部分がまっすぐなピアス。

いわゆる、スタッドピアスやキャッチピアスと呼ばれるものが使用できます。

向いていないピアス

向いていないのは、フックピアスなど軸がまっすぐではないピアス全般。

C型のフープピアスは大丈夫ですが、ワイヤーのフープピアスはピアスホールに通す部分が少し曲がっているので向いていません。

イヤリングコンバーターの使い方

イヤリングコンバーターの使い方はとても簡単。

手持ちのピアスのキャッチをはずして、イヤリングコンバーターのキャッチの部分に差し込むだけ!

イヤリングコンバーターのキャッチ部分は中にシリコンが入っているようなので、ピアスについていたキャッチをつけなくても大丈夫。

ピアスをつけたときの見え方

一粒タイプのピアス

 

一粒タイプのピアスは耳につけたとき、飾りがピアスホールの上に乗るのが特徴。

飾りの大きさにもよりますが、大体、耳たぶに飾りがおさまる感じで見えます。

イヤリングコンバーターを使うと、耳たぶの少し下に飾りがくるような感じになりました。

「耳たぶの上に飾りが乗るようにしたい!」と思う人は、ちょっと違和感があるかも。

揺れるタイプのピアス

 

揺れるタイプのピアスは、ピアスホールの下で飾りが揺れます。

イヤリングコンバーターを使うとピアスとして使うときよりも、長さが出ます。

イヤリングコンバーターの金属の色とピアスの金属の色の違いが気になりました。

(ちなみにイヤリングコンバーターは薄めのゴールドです)

あと、イヤリングのぽちっとした飾りと、ピアスのぽちっとした飾りが2つあるのがちょっと気になるかな。

C型のフープピアス

 

C型のフープピアスは、ピアスホールから直接フープが通っているように見えます。

イヤリングコンバーターを使うと、耳たぶの下からフープが出てくる感じになるので、ちょっとバランスが悪いかなあ。

ちなみに、大きめのフープピアスだと、ネジをきつめにしておかないと重たくて落ちてきてしまいます。

フープピアスは自分でイヤリングに変えるのが難しいので、イヤリングコンバーターはかなり便利だと思います!

フックピアス

フックピアスはイヤリングコンバーターには向いていませんが、試してみました。

フックピアスはゆるやかにカーブしているので、イヤリングコンバーターのキャッチにしっかりと差し込めません。

少しは差し込めるけど落ちてしまう可能性があります。

正面から見るとあまり気にならないけど、横から見たとき格好悪いです😓

平ヤットコでフックピアスの形を変えて、平らにすればなんとか使えるかもしれませんが、

そのままの状態での使用は向いていません。

ワイヤータイプのフープピアス

ワイヤータイプのフープピアスもイヤリングコンバーターには向いていませんが、ちょっとお試し。

こちらもピアスホールに通す部分が少し曲がっているため、しっかりと差し込むことができませんでした。

でも、このタイプのフープピアスなら平ヤットコで曲がっているところをまっすぐにすれば、なんとか使えるかも。

とにかく、手を加えずにイヤリングコンバーターに差し込むのは向いてないです。

イヤリングコンバーターはどこで買える?

私はParts Club(パーツクラブ)の店舗で購入しました。

パーツクラブは種類も増えてるので、近くに店舗がある人はぜひ見に行ってみてください。

あとは、クラフトハートトーカイのオンラインショップで取り扱いがあるので、もしかしたら実店舗にもあるかも。

→【クラフトグループ 実店舗検索】

もちろん楽天などのネットショッピングでも買えます!


イヤリングコンバータークリップ式4mm平皿キャッチ付 1ペア(2個入)

まとめ

イヤリングコンバーターを使ってみた感想でした。

自分でピアス金具をはずしてイヤリングに変えなくても、差し込むだけで簡単にイヤリングとして使うことができるので、すごく便利なアイテムだと思います!

特にC型のフープピアスは自分で変えるのも難しいので、C型フープピアスをどうしてもつけたい!という人にはオススメ。

デメリットとしてはピアスとして使うときとは見え方が変わってしまうことでしょうか。

一粒ピアスは違和感なく使えると思いますが、C型フープピアスや揺れるタイプのピアスだとちょっと気になるかもしれません。

揺れるタイプのピアスなら、大体は丸カンやTピンなどでつながっていると思うので、自分でイヤリング金具に付け替える方が見栄えはいいかな。

簡単にピアスをイヤリングとして使えるので、イヤリングコンバーターをひとつ持っていれば今までよりもイヤーアクセサリー選びの幅が広がります!

少しでも参考になれば幸いです icon-smile-o 

おすすめ記事

自分でできる!ピアスをイヤリングに変える方法~ぶら下がりピアス編
こんにちは、めいです。 「かわいいピアスがあったけど、ピアスホール開いてないし…」と購...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク