パールとアクリルビーズの大ぶりイヤリングの作り方

こんにちは、めいです。

今回は 「パールとアクリルビーズの大ぶりイヤリングの作り方」 をご紹介します。

使ったもの

パーツ類

  • アクリル半丸パール(12㎜ ホワイト) 2個
  • アクリルビーズ(22㎜ ラベンダー) 2個
  • メタルパーツ(デイジー) 2個
  • Tピン(0.7×45㎜) 2本
  • 丸カン(0.7×3.5㎜) 2個
  • イヤリング金具(丸皿 8㎜) 1セット

 icon-star アクリルビーズはこちらのお店で買ったもの。


【卸売り】単価19.8円 マーブルカラー ラウンド 22mm/10個/ビーズアンドパーツ/アクリルビーズ/ピアス/イヤリング/アクセサリー/材料/beads504/mpp

 icon-star イヤリング金具はカンなしを使いましたが、カン付きを使っても◎

カン付きを使う方が飾りをぶら下げたとき、バランスがいいです。


基礎金具 イヤリングネジバネ平皿付 8mm 4個入

 icon-star Tピンは100均(ダイソー)で購入。

 icon-star その他のパーツは全て貴和製作所で購入しました。

→【貴和製作所】

工具など

  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ
  • ニッパー
  • 接着剤(セメダインスーパーXクリア)

作り方

1.半丸パールとイヤリング金具を接着する

まずは半丸パールとイヤリング金具を接着します。

飾りをぶら下げたときにバランスが悪く見えないように、パールの上の方に丸皿を貼り付け、イヤリング金具の一部を隠すようにしました。

2.Tピンにデイジーパーツとアクリルビーズを通して丸める

アクリルビーズの通し穴が大きく、このままTピンを通しても抜けてしまうので、抜けないようにデイジーパーツを通しておきます。

→【ビーズの通し穴が大きくてTピンが抜けてしまうときの対処法】

今回は太めのTピンを使っていますが、堅くて丸めにくいので、初心者さんは細めのTピンを使う方が丸めやすいと思います。

Tピンを丸めるときのコツはこちら。

→【Tピン、9ピンの丸め方。キレイに丸めるための3つのコツ】

3.丸カンで飾り部分とイヤリング金具をつなぐ

イヤリング金具のカーブした部分に丸カンを使って、飾りをつなぎます。

丸カンは2本のヤットコを使って、手前と奥にずらすように力を加えて開閉します。

4.完成!

できあがり!

お疲れさまでした。

まとめ

大きめアクリルビーズとパールのカボションを使ったイヤリングの作り方でした。

今回はシンプルに大きなビーズをひとつぶら下げただけですが、少し小さいビーズをはさんだり、もう少し長さを出したりしてもいいかも。

色々とアレンジして、自分好みのアクセサリーを作ってみてくださいね!

もちろんレシピ通りに作っていただくのも大歓迎 icon-smile-o 

少しでも参考になれば幸いです!

おすすめ記事

ビーズの通し穴が大きくてTピンが抜けてしまうときの対処法
「アクセサリーを作っていたら、ビーズの通し穴が大きくてTピンが抜けちゃった…」 「どう...
Tピン、9ピンの丸め方。キレイに丸めるための3つのコツ
こんにちは、めいです。 Tピン、9ピンを丸めるのって難しいですよね…。 私も初心...
クリアカラーの2WAY大ぶりピアスの作り方
こんにちは、めいです。 今回は 「クリアカラーの大ぶり2WAYピアスの作り方」 をご紹...
キューブビーズを使った大ぶりイヤリングの作り方
こんにちは、めいです。 今回は 「大ぶりイヤリングの作り方」 をご紹介します。 ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク