ゴムブレスレットの結び方

こんにちは、めいです。

工具なしで簡単に作れる、ゴムブレスレット。

「でも、どうやって結べばいいの?」

「普通に結んだだけで、ほどけない?」

そんな疑問にお答えするべく、今回は 「ゴムブレスレットの結び方」 について書いていこうと思います!

使ったもの

 

  • 伸びるテグス(スーパーアンタロン)
  • 接着剤(セメダイン スーパーX クリア)
  • つまようじ
  • ハサミ

私はスーパーアンタロンを使用していますが、伸びるテグスならなんでもOK。

接着剤もなんでもいいですが、木工用ボンドよりも水に強い手芸用ボンドがオススメ。

瞬間接着剤はビーズにつくと、白く曇ってしまうので、オススメしません!

結び方

ゴムブレスレットを作るときの結び方は、平たく言えば堅結び。(本結び)

でも、少しだけブレスレット向きの作業をします。

[1] 右側の伸びるテグスを上にしてクロスさせる

画像では右(青い方)を上にしていますが、どちらでも構いません。

[2] 左側の伸びるテグスの下に通す

右側のテグスを左側のテグスに巻き付けるようにして、下から通します。

[3] ギュッと締める

左右のテグスを引っ張って締めます。

まだこの時点ではしっかりと結べませんが、あとでゆるい仕上がりにならないように、ギュッと締めておいてください!

[4] 1~2の工程をもう一度繰り返す

さっき締めたところがゆるくならないように、もう一度、1~2の工程を繰り返します。

ちなみに2回目は、さっき上にした方(右側)とは逆の方(左側)を上にしておくとほどけにくくなるそうですよ!

[5] 左右のテグスを引っ張ってから結ぶ

左右のテグスをしっかりと引っ張って結びます。

きつく結んでおいてくださいね!

[6] 余分な部分を切る

余分なテグスは3~5㎜程度残して切ります。

[7] 結び目に接着剤を塗る

つまようじに少し接着剤を取って、結び目に塗ります。

結び目全体にぐるっとまんべんなく塗っておきましょう!

[8] ビーズを動かして、結び目を隠す

結び目に塗った接着剤が乾く前に、ビーズを動かして結び目を隠しましょう。

こうしておくと、 ビーズの中で接着剤が乾いてほどけにくくなります!

ブレスレットをつけるときに結び目が見えることもありません。

[9] 完成!

できあがり!

まとめ

アクセサリー作りは簡単とはいえ、慣れるまでは難しく感じる作業も多いです。

でも、ゴムブレスレットは自分の好きなように作れる上に、作業も簡単な方だと思います。

接着剤があればもっと丈夫に作れますが、伸びるテグスとビーズさえあれば作れるので、ぜひ作ってみてください!

少しでもお役に立てれば幸いです icon-smile-o 

おすすめ記事

パールとスワロフスキーのゴムブレスレットの作り方
あたかかくなってきて、そろそろ手元のオシャレも楽しみたい季節になってきましたね。 今回は簡単に...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク