初心者さん必見!アクセサリー作りに欠かせない3つの金具とは?

こんにちは、めいです。

ハンドメイドアクセサリー初心者さんだと

「アクセサリーを作るためにはどんな材料が必要?」

「まずなにを揃えたらいい?」

こんな疑問を持っている人もいるかもしれませんね。

私自身、アクセサリー作りを始めるとき、こんな感じでした。

今回は 「アクセサリーを作るために欠かせない3つの基本的な金具」について書いてみようと思います。

アクセサリーを作るためにはどんなパーツが必要?

アクセサリー作りに必要なものは大きく分けて3つ。

1つ目はビーズやチャームなどの装飾品。

アクセサリーの顔となる主役のパーツです。

2つ目はアクセサリーの土台となるパーツ。

たとえば、ピアスならピアス金具、ネックレスやブレスレットなら、チェーンや留め金具などが必要です。

そして3つ目が、ビーズとピアス金具をつなぐためのパーツ。

つなぐためのパーツは主役と土台をつなぐ、裏方さんみたいな存在です。

このパーツがなくても作れるアクセサリーはありますが、使うとさらにオリジナリティ溢れるアクセサリーが作れます。

この記事では、2種類のパーツをつなぐために必要な裏方さんみたいなパーツ。

「丸カン、Tピン、9ピン」 について解説していきます。

丸カン

チェーンと留め金具をつないだり、ピアス金具とチャームをつなぐときに使う。

チェーンやチャームなど、金属パーツを使うなら丸カンは欠かせません。

ブレスレット、ネックレスはチェーンと留め金具をつなぐために必要です!

Cカンという丸カンに似たパーツもありますが、まずは丸カンから買って、必要であればCカンも買い足すという感じでいいと思います。

使い分け方については別の記事でまとめているので、よかったら読んでみてください icon-smile-o 

【丸カンとCカンの違いと使い分け方】

使用例

丸カン使用

→【チェーンとチャームで作る流れ星イヤリングの作り方】

丸カン使用

→【お花のジョイントパーツとチェーンのブレスレットの作り方】

Tピン

ビーズを通して先を丸めて使う。

たとえば、ビーズを使った一粒タイプのピアス/イヤリングや、たくさんのビーズがじゃらじゃらついたデザインのアクセサリーなどを作りたいときに。

使用例

Tピン使用

→【Tピンを金具につなぐだけ!一粒パールピアスの作り方】

Tピン、Cカン使用

→【スワロフスキーとパールが揺れるチェーンブレスレットの作り方】

9ピン

ビーズを通して、先を丸めて使う。

Tピンとの違いは左右にパーツをつなぐことができるところ。

ビーズが連なったアクセサリーを作りたいときに。

使用例

9ピン、丸カン使用

→【9ピンをつないで作るキャンディーブレスレットの作り方】

9ピン、Tピン、丸カン使用

→【スワロフスキービーズの揺れるピアスの作り方】

3つのパーツが買えるところ

  • アクセサリーパーツショップ(パーツクラブ、貴和製作所など)
  • ビーズコーナーがある手芸屋さん(ユザワヤ、手芸センター ドリームなど)
  • 100均の手芸コーナー
  • 楽天などに出店しているアクセサリーパーツのお店など

お店によってメッキの色に違いがあります。

チェーンや丸カンなどの基本的な金属パーツは、同じメーカーで揃えた方が統一感が出てキレイ。

icon-exclamation-triangle 同じお店で買っていても、ロットの違いや仕様変更で色が変わる可能性はあります。

まとめ

今回はアクセサリー作りに必要なパーツを紹介しました。

自分でパーツを組み合わせてアクセサリーを作るなら、特に欠かせないのは丸カン。

ピアス、イヤリング、ブレスレット、ネックレス…どれを作るにしても出番が多いです。

まずは丸カンだけでも持っておいてほしい!

ビーズを使ってアクセサリーを作るなら、Tピンと9ピンもお忘れなく。

もしビーズを使うつもりがないのであれば、Tピンと9ピンはなくても問題ないと思います。

あなたの作りたいアクセサリーに合わせて、必要な金具を揃えてくださいね。

少しでも参考になれば幸いです icon-smile-o 

おすすめ記事

ハンドメイドアクセサリー初心者さんにまず揃えてほしい道具4つ
こんにちは、めいです。 私が初心者のころ… 「アクセサリーを作るためには...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク