チュールリボンのタッセルピアスの作り方

こんにちは、めいです。

今回は 「チュールリボンで作るタッセルピアスの作り方」 をご紹介します。

糸で作ったタッセルに飽きたら、ふんわり軽やかなチュールリボンのタッセルはいかがでしょうか。

使ったもの

パーツ類

  • チュールリボン(8×8㎝) 4枚
  • Cカン(0.8×3.8×5.8㎜)
  • 丸カン(0.8×4.5㎜)
  • 丸カン(0.6×3㎜)
  • ピアス金具 1セット
  • ワイヤー 6~7 ㎝程度のものを1本

 icon-star チュールリボン以外は全て貴和製作所で買ったものです。

→【貴和製作所】

チュールリボンを買ったお店は失念しました…。

 icon-star ワイヤーはアーティスティックワイヤー(#30 0.25㎜)を使用しています。

工具など

 

  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ
  • はさみ

作り方

見やすくするため、黒のチュールリボンを使って解説します!

1.チュールリボンをカットする

チュールリボンを8×8㎝の大きさにカット。

8×8㎝の大きさのチュールリボンを4枚作ります。

2.チュールリボンを2枚重ねて、3回折る

チュールを2枚重ねて、3回折ります。

折り終わったときの幅は大体2㎝くらい。

3.チュールを半分に折り、ワイヤーで真ん中をまとめる

チュールを半分に折ってワイヤーで真ん中をまとめます。

ワイヤーは軽く曲げる程度で大丈夫です。

4.ワイヤーからCカンを通して、Cカンをかしめる

ワイヤーからCカンを通します。

グッと力を入れてチュールリボンのところまでCカンを下げます。

このあとワイヤーの部分に丸カンを通すので、タッセルの頭の部分が小さくなりすぎないようにしておく。

お好みの位置でCカンを平ヤットコではさみ、つぶすような感じでかしめます。

横から、上から様々な角度ではさんで、しっかりとかしめる。

 icon-exclamation-triangle 硬めのチュールリボンを使うと、Cカンを下げるときにめちゃくちゃやりにくいです。

その場合はチュールリボンを切って小さくするか、0.8×3.8×5.8㎜より大きいCカンを使うと◎

5.ワイヤーを抜かずに丸カンをつける

ワイヤーのある部分に、丸カン(0.8×4.5㎜)をつける。

チュールリボンの網目に引っかかってやりにくいですが、ちょっとずつ通していきます。

丸カンをつけたらワイヤーは外してOK。

6.タッセルに切り込みを入れる

タッセルの広がっている部分に切り込みを入れ、短冊状にします。

切り込みを入れるかどうかはお好みでどうぞ。

このタイミングで裾の部分の長さも整えておきます。

7.タッセルにつけた丸カンに、ピアス金具をつなぐ

タッセルにつけた丸カン(0.8×4.5㎜)に、小さい丸カン(0.6×3㎜)を2個つなぎ、ピアス金具をつける。

8.完成!

できあがり。

お疲れさまでした。

まとめ

チュールリボンで作るタッセルピアスの作り方でした。

小さめのタッセルにしてビジューピアスと合わせてもよさそうだし、チャームやビーズと合わせてもいいですね。

色々アレンジして、自分好みのアクセサリーを作ってみてくださいね。

もちろんレシピ通りに作っていただくのも大歓迎です icon-smile-o 

少しでも参考になれば幸いです。

おすすめの記事

アクセサリー向け!小さなタッセルの作り方
タッセルを使ったアクセサリーもすっかり定着しましたよね。 自分で糸を選んでオリジナルの...
丸カンの開け方と閉じ方
こんにちは、めいです。 アクセサリー作りに欠かせない丸カン。 チェーン、チャーム...
タッセルとコットンパールの小さなピアスの作り方
こんにちは、めいです。 「小さなタッセルとコットンパールを使ったピアスの作り方」 をご...
アクリルビーズとタッセルのイヤリングの作り方
こんにちは、めいです。 今回は 「アクリルビーズとタッセルのイヤリングの作り方」 をご紹介しま...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク