ワイヤーフラワーとコットンパールのピアスの作り方

こんにちは、めいです。

今回は 「ワイヤーフラワーとしずく型コットンパールのピアスの作り方」 をご紹介します。

Tピンを丸める作業がありますが、難易度はあまり高くないと思います。

使ったもの

パーツ類

  • ワイヤーフラワー 2個
  • コットンパール(しずく ホワイト 11×8㎜) 2個
  • 丸カン(0.6×3㎜) 4個
  • Tピン(0.5×20㎜) 2本
  • ピアス金具 1セット

 icon-star ワイヤーフラワーはこちらのお店で購入できます。


【コネクター】10個 ワイヤーフラワー 八重桜 《きれいめゴールド》【植物 さくら サクラ 桜 春 和風 日本 ビーズアンドパーツ アクセサリーパーツ】

 icon-star コットンパールはパーツクラブで購入しました。

→【パーツクラブ】

 icon-star その他のパーツは貴和製作所で購入したものです。

→【貴和製作所】

工具など

  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ
  • ニッパー

作り方

1.コットンパールにTピンを通す

まずはコットンパールにTピンを通して、先端を丸めます。

→【Tピン、9ピンの丸め方。キレイに丸めるための3つのコツ】

コットンパールは通し穴が大きめに開いているものもあるので、Tピンが抜けてしまう場合はシードビーズと通したり、デザインピンを使ったりして抜けないようにしてくださいね。

→【ビーズの通し穴が大きくてTピンが抜けてしまうときの対処法】

2.ワイヤーフラワーにコットンパールをつなぐ

コットンパールのTピンの輪っかの部分をグッと押し込むようにして開き、ワイヤーフラワーにつなぎます。

パールとワイヤーフラワーの間隔がせまいな~と思う場合は、丸カンなどを使ってつないでも◎

3.ワイヤーフラワーとピアス金具を丸カンでつなぐ

ワイヤーフラワーに丸カンを2個つけて、ピアスパーツとつなぎます。

ワイヤーフラワーは左右対称になるようにつなぎました。

丸カンは手前と奥にずらすような感じで力を加えて開閉します。

4.完成!

できあがり。

お疲れさまでした!

まとめ

ワイヤーフラワーとコットンパールを使ったピアスの作り方でした。

今回はワイヤーフラワーはそのまま使いましたが、テグスや細いワイヤーを使って、小さなパールやビーズをワイヤーフラワーの中心部分につけてもかわいいです!

色々とアレンジして、自分好みのアクセサリーを作ってみてください。

レシピ通りに作っていただくのも大歓迎です icon-smile-o 

少しでも参考になれば幸いです!

おすすめ記事

Tピン、9ピンの丸め方。キレイに丸めるための3つのコツ
こんにちは、めいです。 Tピン、9ピンを丸めるのって難しいですよね…。 私も初心...
ビーズの通し穴が大きくてTピンが抜けてしまうときの対処法
「アクセサリーを作っていたら、ビーズの通し穴が大きくてTピンが抜けちゃった…」 「どう...
スワロフスキーとコットンパールのピアスの作り方
こんにちは、めいです。 今回は 「スワロフスキーとコットンパールのピアスの作り方」 を...
ジョイントパーツとコットンパールのピアスの作り方
こんばんは、めいです。 今回は 「ラインストーン付きのジョイントパーツとコットンパール...
お花のジョイントパーツとチェーンのブレスレットの作り方
「お花のジョイントパーツを使ったチェーンブレスレットの作り方」 です。 チェーンをカ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク