キュービックジルコニアの一粒ネックレスの作り方

こんにちは、めいです。

今回は 「キュービックジルコニアの一粒ネックレスの作り方」 をご紹介します。

ちょっと細かい作業になりますが、切ってつなぐだけなので比較的簡単に作れると思います!

使ったもの

パーツ類

  • チェーン(K-101) 19㎝×2本
  • Cカン(0.5×2×3㎜) 2個
  • 丸カン(洋白 0.5×3.5㎜) 2個
  • キュービックジルコニア(ラウンド 2穴 6㎜) 2個

 icon-star キュービックジルコニアの穴がとても小さいので、細い丸カンを使用しています。

細い丸カンがなければ、ワイヤーでめがね留めすると◎

→【トップホールパーツのめがね留めのやり方】

 icon-star パーツは全て貴和製作所で購入しました。

→【貴和製作所】

工具など

  • 丸ヤットコ
  • 平ヤットコ
  • ニッパー

作り方

1.チェーンをカットする

まずはチェーンのカットから。

19㎝のチェーンを2本用意します。

長さを測りながらチェーンを切るときは、チェーンの端にワイヤーなどを通しておくと目盛りが見やすくなってオススメです。

→【チェーンの切り方と長さを揃えるときのコツ】

2.丸カンを使ってキュービックジルコニアとチェーンをつなぐ

丸カンをちょっと大きめに開いておいて、キュービックジルコニアとチェーンを通します。

キュービックジルコニアの通し穴の位置はそれぞれ微妙に違うので、もし丸カンが通らない場合は別のキュービックジルコニアに変えてみたり、丸カンを変えてみると◎

無理やり通し穴に通すと、欠けることもあるので慎重に。

丸カンの開閉はヤットコではさんで、手前と奥にずらすように力を加える。

3.チェーンの先にヒキワとアジャスターをつなぐ

キュービックジルコニアの通し穴の両方にチェーンをつないだら、それぞれのチェーンの端にCカンで留め金具をつなぎます。

Cカンがなければ丸カンでも大丈夫です。

→【丸カンとCカンの違いと使い分け方】

4.完成!

できあがり!

お疲れさまでした。

まとめ

今回はジュエリー風なキュービックジルコニアの一粒ネックレスの作り方をご紹介しました。

横に3つ並べたり、1穴タイプと組み合わせて縦に2つ、3つ並べたりしてもいいですね。

色々組み合わせて、自分好みのアクセサリーを作ってみてください。

レシピ通りに作っていただくのも大歓迎です!

少しでも参考になれば幸いです。

おすすめ記事

スワロフスキーのシャンデリア風イヤリングの作り方
こんにちは、めいです。 今回は 「シャンデリア風のスワロフスキーイヤリングの作り方」 ...
一粒スワロフスキーとチェーンのブレスレットの作り方
こんにちは、めいです。 約5㎜のスワロフスキーを使って、シンプルなチェーンブレスレット...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク